女战士西奥多拉~耻辱竞技场~

(2022)

1集全
女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~ 「――テオドラ様……ご子息は、重体です。極めて稀な奇病でしてな、身体中が蝕まれとりますわ」 残酷な真実を告げる老医。 目先には、我が息子――グランツの哀れな姿。 「……何とか……ならないのか。こいつは私の、たったひとりの……」 かつて世界を救った誉れも高き女戦士“テオドラ”が息子ひとり救えないなどとは滑稽な話だ。 「薬は、あるにはあるんです。その薬であれば、ご子息の病は完治するでしょうが…… 調剤の為の素材を揃えるにあたって、莫大な費用が掛かります」 費用……金か。金さえあれば何とかなるのか。 そして――私は、闘技場へと導かれた。 こうして恥辱と悪意と欲望に塗れた腐れ切った闘いが始まる。 淫猥な言葉、嬲るような視線――それも、息子を想えば――。